2009年03月02日

赤ワインで前立腺ガンの予防

適度に赤ワインを飲む人達は、赤ワインを全く飲まない人たちよりも、前立腺がんを患う危険性が1/2であると、6月のHarvard Men's Health Letterで紹介されました。このLetterには、シアトルのCancer Fred Hutchison研究センターの報告の事例なども飲用されていました。

赤ワインは特に、発達し活動的なガン細胞に対して防御的な作用があるようで、約60%の危険性を軽減するようです。
これは、1週間に4〜7杯の赤ワインに相当する量を飲んだ場合です。報告では、1日1杯の飲酒は有益なことだが、2杯は効果を2倍にはしないと強調しています。
ハーバードの3つの研究は同様に、適度な赤ワインの摂取は、心臓発作、心筋梗塞、糖尿病、前立腺肥大、勃起不全などのおそれも軽減すると結論づけています。

以前の研究では、アルコールの摂取は前立腺ガンの防止には効果がないとしていました。

しかし、シアトルのCancer Fred Hutchison研究センターの科学者達は、研究を推し進めた。彼らは40歳〜64歳の1456人の被験者を対象にして、異なるアルコール飲料の効果を対照して研究を行いました。

その結果、1週間に35杯かそれ以上のビールを8年間、もしくはそれ以上の期間飲むと、ガンの危険性が高まることを発見した。白ワインは、特筆すべき効果は無かった。

しかし、1週間に4〜7杯の赤ワインを摂取する人は、摂取しない人たちよりもガンになる危険性が52%少なかったと報告されています。

参考文献:
http://www.health.harvard.edu/press_releases/prostate-benefits-from-red-wine.htm

http://www.fhcrc.org/about/ne/news/2004/09/22/red_wine.html

前立腺は男性にしか存在しない性機能に関係する臓器です。
この前立腺は、年をとると共に肥大したり、またはガン化する傾向があります。

全身が痛むので色々と調べてもらったら、前立腺がガンになっており、さらに全身の骨に転移していることが見つかることが良くあります。前立腺ガンは骨に転移しやすい怖い悪性のガンなのです。

男性の方は、赤ワインや赤ワインサプリメントで、この前立腺ガンのリスクを少しでも低減したいと思うのではないでしょうか・・・。



resveratrol at 10:34│Comments(0)TrackBack(4) ガン予防効果 | 赤ワインの効果

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

4. 健康食品  [ ケンブロ ]   2009年03月10日 13:16
健康情報ポータル「ケンブロ」の健康食品情報です
3. 植物由来  [ ケンブロ ]   2009年03月10日 13:16
健康情報ポータル「ケンブロ」の植物由来情報です
2. ブドウ  [ ケンブロ ]   2009年03月10日 13:16
健康情報ポータル「ケンブロ」のブドウ情報です
1. ポリフェノール  [ ケンブロ ]   2009年03月10日 13:15
健康情報ポータル「ケンブロ」のポリフェノール情報です

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile

健康マン

Recent TrackBacks
レスベラトロール商品などサプリメントのOEM (売れる健康食品・化粧品の製造OEMはアンチエイジング・プロ)
レスベラトロールのヒト摂取目安量
レスベラトロール商品などサプリメントのOEM (売れる健康食品・化粧品の製造OEMはアンチエイジング・プロ)
レスベラトロール類とは?
Recent Comments