2011年01月25日

レスベラトロールは有益な脂肪ホルモンであるアディポネクチンを増やす !

レスベラトロールが有益な脂肪ホルモン:アディポネクチンを増やすという記事が紹介されました。

こういったメカニズムは、大豆たんぱくでも発見されていたのですが、レスベラトロールでも発見されるとは非常に面白いデータです。

レスベラトロールは、サーチュインの活性化によって、抗糖尿病の効果を示すことが知られていましたが、ここ最近では、いろいろな側面から作用メカニズムが確認されています。結局のところ、どこかでつながっているのだと思いますが。

今後、ますます期待が高まります。

---------------------

レスベラトロールはアディポネクチン(脂肪を産生して蓄積する細胞から放出されるホルモン)を増加させるのではないか、という研究報告。

細胞と動物のモデルを用いて調べたところ、レスベラトロールはSirt1(長寿遺伝子として知られるたんぱく質)から独立したメカニズムによって、3T3-L1脂肪細胞でアディポネクチン多量体化を促進し、DsbA-L(アディポネクチンを活性化するたんぱく質)によってレスベラトロールのアディポネクチン増強作用は促されることが確認された。

レスベラトロールがアディポネクチンに与える影響は、Akt(プロテインキナーゼB)、FOXO1(フォークヘッド転写因子)、AMPK(脂質代謝に関連する酵素)によって制御されるという。

レスベラトロールとアディポネクチンは、肥満予防、インスリン抵抗性改善、老化防止が期待されているため、肥満や糖尿病などの新しい治療薬開発に関する調査が進められるべきである、と研究者らは話している。

---------------------

出典
Anping Wang, Meilian Liu, Xianling Liu, Lily Q. Dong, Randol Glickman, Thomas J. Slaga, Zhiguang Zhou‡ and Feng Liu, Expand+Up-regulation of Adiponectin by Resveratrol: THE ESSENTIAL ROLES OF THE Akt/FOXO1 AND AMP-ACTIVATED PROTEIN KINASE SIGNALING PATHWAYS AND DsbA-L, The Journal of Biological Chemistry, 286, 60-66.

resveratrol at 12:58│Comments(0)TrackBack(1) ダイエット/抗糖尿病効果 | レスベラトロールとは

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 通販健康食品成熟期の中、商品開発はどうあるべきか?  [ 商品開発基点の通販健康食品コンサルタント ]   2011年01月28日 00:20
健康食品の商品開発にマーケティングミックスの要素を取り入れ、如何に勝てる通販モデ

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile

健康マン

Recent Comments