2013年07月12日

「レスベラトロール食品」規格基準

財団法人日本健康・栄養食品協会は、2013年7月3日(水)付で「レスベラトロール食品」規格基準を公示しました。設定に当たり「公募による専門部会」を設けていました。

■名称の種類
レスベラトロール含有食品

製品規格
■含有量
ブドウ、リンゴンベリー、又はメリンジョ由来のレスベラトロール
(レスベラトロール含有食品)
各由来レスベラトロールの試験方法により定量する時、表示以上
ゼラチン等の被包材比率:全重量の50%未満

■安全・衛生基準
●イタドリ由来のレスベラトロール(エモジン)を検出しない
●残留溶媒・・・・・・・・・・・エタノール以外不検出
●水分(乾燥減量)固形状の製品に限る・・・・・・・・ 8%以下
●有害汚染物質等
●ヒ素(As)・・・・・・・・・・・・2ppm以下
●重金属(Pbとして)・・・・ 20ppm以下
●一般細菌数・・・・・・・・・ 3×103個/g以下
●大腸菌群・・・・・・・・・・・陰性
●水分(乾燥減量) ・・・・・・・・ 8%以下
●その他 崩壊性・・・・・・・・・・・・・2液を用いて60分以内

■1日摂取目安量
ブドウ由来の総レスベラトロール類、リンゴンベリー由来のレスベラトロール 又はメリンジョ由来の総レスベラトロール類として 2〜100
レスベラトロールはさまざまな植物等に含まれているポリフェノールである。また、スチルベン骨格を有するのでスチルベン誘導体の一種でもある。メタノール、エタノール、アセトンなどの有機溶媒に可溶で水に難溶である。 ここでいうレスベラトールとは、ブドウ、リンゴンベリー、メリンジョなどに含まれるトランス‐レスベラトロールおよびその二量体等の重合体、もしくはそれらの配糖体を含むスチルベノイドポリフェノールの総称とした。

※詳細は下記URLをご参照ください
◎「レスベラトロール食品」規格基準の概要
http://jhnfa.org/topic155-1.pdf

resveratrol at 17:13│Comments(0)TrackBack(0)レスベラトロールとは | 原料の安全性

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
Recent TrackBacks
レスベラトロール商品などサプリメントのOEM (売れる健康食品・化粧品の製造OEMはアンチエイジング・プロ)
レスベラトロールのヒト摂取目安量
レスベラトロール商品などサプリメントのOEM (売れる健康食品・化粧品の製造OEMはアンチエイジング・プロ)
レスベラトロール類とは?
Recent Comments