レスベラトロールとは

2013年07月12日

「レスベラトロール食品」規格基準

財団法人日本健康・栄養食品協会は、2013年7月3日(水)付で「レスベラトロール食品」規格基準を公示しました。設定に当たり「公募による専門部会」を設けていました。

■名称の種類
レスベラトロール含有食品

製品規格
■含有量
ブドウ、リンゴンベリー、又はメリンジョ由来のレスベラトロール
(レスベラトロール含有食品)
各由来レスベラトロールの試験方法により定量する時、表示以上
ゼラチン等の被包材比率:全重量の50%未満

■安全・衛生基準
●イタドリ由来のレスベラトロール(エモジン)を検出しない
●残留溶媒・・・・・・・・・・・エタノール以外不検出
●水分(乾燥減量)固形状の製品に限る・・・・・・・・ 8%以下
●有害汚染物質等
●ヒ素(As)・・・・・・・・・・・・2ppm以下
●重金属(Pbとして)・・・・ 20ppm以下
●一般細菌数・・・・・・・・・ 3×103個/g以下
●大腸菌群・・・・・・・・・・・陰性
●水分(乾燥減量) ・・・・・・・・ 8%以下
●その他 崩壊性・・・・・・・・・・・・・2液を用いて60分以内

■1日摂取目安量
ブドウ由来の総レスベラトロール類、リンゴンベリー由来のレスベラトロール 又はメリンジョ由来の総レスベラトロール類として 2〜100
レスベラトロールはさまざまな植物等に含まれているポリフェノールである。また、スチルベン骨格を有するのでスチルベン誘導体の一種でもある。メタノール、エタノール、アセトンなどの有機溶媒に可溶で水に難溶である。 ここでいうレスベラトールとは、ブドウ、リンゴンベリー、メリンジョなどに含まれるトランス‐レスベラトロールおよびその二量体等の重合体、もしくはそれらの配糖体を含むスチルベノイドポリフェノールの総称とした。

※詳細は下記URLをご参照ください
◎「レスベラトロール食品」規格基準の概要
http://jhnfa.org/topic155-1.pdf

resveratrol at 17:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月11日

赤ワインレスベラトロールの原材料ハイクオリティー認証

一般社団法人日本健康食品・サプリメント情報センターの原材料ハイクオリティー認証で赤ワインレスベラトロール原料が登録されました。

http://www.jahfic.or.jp/ingredient_hq/i004001.html

レスベラトロール以外にも、OPC(低重合プロアントシアニジン)も規格されています。

resveratrol at 14:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月26日

アンチ・エイジング医学12月号

アンチ・エイジング医学12月号の特集は、レスベラトロールでした。

2012年12月号(Vol.8 No.6)
■特集 レスベラトロール
・レスベラトロールはアンチエイジングに有効か?/坪田一男
・レスベラトロールとポリフェノールの構造/大澤俊彦
・レスベラトロールの体内動態/谷野豊
・レスベラトロールの循環器疾患への応用/新村健
・レスベラトロールの腎臓疾患への応用/古家大祐
・レスベラトロールの筋肉・神経疾患への応用/堀尾嘉幸
・レスベラトロールの糖尿病,メタボリックシンドロームへの応用/井上浩義
・レスベラトロールの癌への応用/澤登雅一

アンチエイジング医学界でも、結構浸透してきました。

resveratrol at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月04日

レスベラトロール:ミツバチでも延命効果

レスベラトロールの延命効果がミツバチでも示され、国立栄研のサイトで紹介されました。

レスベラトロールで小食・長生き?http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=36998&-lay=lay&-Find

国立栄研のサイトで紹介されるということは、学術的にレスベラトロールの延命効果がしっかり認められ始めた証拠ですね。


resveratrol at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月23日

レスベラトロール書籍の紹介:ヒミツの赤ワイン レスベで楽してアンチエイジング

先生ご自身がアンチエイジングのカリスマである、順天堂大学総合診療科 助教の吉田先生(49歳)の書籍です。
美容とアンチエイジングをテーマに、女性目線でレスベのことがわかりやすく書かれています。

書店では、帯がたかの友梨さんでした。



おすすめです♪
ヒット、間違えないと思います!
っていうか、初日に在庫切れだし・・・。

resveratrol at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月06日

レスベラトロール類の極性と二量体原料への疑問点

今回は、化学の話です。
抽出を科学的に見ると、化学的に極性と言うものを考えなければなりません。

この極性というのは、クロマトを学んだことがある人は、良く知っている科学用語です。
わかりやすく言うと、成分の水や油への馴染み易さです。
物質の親油性親水性の値です。

ハーブエキスなど、サプリメント成分の抽出において、目的抽出成分の極性はとても重要です。

その極性によって、抽出溶媒の種類や混合比率が異なります。
例えば、極性が低い成分を抽出する場合、極性の低い溶媒で抽出する必要があります。日本では認められてませんが、アセトンや酢酸エチルなどがそうです。

トランス‐レスベラトロール(単量体)も、比較的極性が低く、アルコール濃度を高めないと抽出できません。
赤ワインに多いのも、赤ワインのアルコールでブドウ果皮から抽出されているのでしょう。
実際、イタドリから抽出されているレスベラトロール高含有原料(日本では医薬品区分)は、アセトンや酢酸エチルで抽出されています。

ここ最近、逆相カラムでのHPLC分析で知ったのですが、リテンションタイムから、レスベラトロールの二量体であるε‐ビニフィリン(ヴィニフィリン)は、かなり極性が低い、非極性成分であることがわかりました。
反対に、やはり水溶性成分のレスベラトロール配糖体は、極性が高かったです。
ついてでに、極性分離抽出された原料は、やはり、トランス体に偏っていました。当然です。

ここで、ε‐ビニフィリン(ヴィニフィリン)を多く含む原料は、どうやって非極性成分を抽出しているのだろうか?という疑問が浮かびます。
本当に、アセトンや酢酸エチルを使わずに、水やエタノールだけで本当に抽出できるのでしょうか?
まあ、量は少なくても、赤ワインにはε‐ビニフィリン含まれているので抽出されると思いますが、たくさんは溶けないのではないかなとも思います。

過去にε‐ビニフィリンが多いブドウ蔦エキス原料で、アセトン抽出され、アセトンの規格が1ppm以下の原料は見たこともあります。
また、飲み会の席で問いただすと、実は、アセトンで抽出しているとほのめかした海外原料メーカーもありました。
ここら辺は、欧米原料というか欧米原料メーカーのブラックボックスの部分なんでしょうね。
アセトンや酢酸エチル抽出に関しいて、アメリカやヨーロッパでは、合法ですからね。
過去、イチョウ葉エキスでも同様なことがありましたからね。

私は、エキス末を取り扱う際、品質チェックの一環として、100%で溶解性のチェックを行います。
エタノールや水で抽出されていれば、エタノールでほぼ完全に溶けます。
そして、アセトンや酢酸エチルを加えて、溶けるようなら、抽出溶媒がアセトンや酢酸エチルであることの疑います。
厳密にはわかりませんが、傾向はわかります。
極稀に、中国原料でそのようなものが出てきますよ。

真実を確かめることは簡単かもしれませんが、利権が絡むので、難しいでしょうね・・・。
難しい問題です。

resveratrol at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月19日

どんな人がレスベラトロールに興味を持っているの?

さて、今、どんな人がレスベラトロールに興味を持っているのでしょう?
こんな調査報告が発表されました。

「ボージョレ・ヌーヴォー」を今年も飲むリピーターは7割ワインと健康・美容に関する意識調査〜健康・美容目的のワイン愛飲者は4割、お酒が苦手でその効果をあきらめる声も〜

ワインに美容効果を期待すると回答した約半数が、ワインに含まれる希少ポリフェノール「レスベラトロール」を「よく知っている」と回答しました。

マーケティング的に、非常に面白い知見だと思います。

resveratrol at 10:58|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2011年07月04日

レスベラトロール類とは?

最近、レスベラトロール類って何?とよく聞かれます。
レスベラトロール=レスベラトロール類ではありません。
レスベラトロールとは、トランス-レスベラトロール(単量体)を指します。
そのレスベラトロール類とは、どういったものなのでしょう?

〇トランス-レスベラトロール(単量体)
〇シス-レスベラトロール(単量体) トランス体の光学異性体

〇イプシロン-ビニフェリン(2量体)

〇PICEID (配糖体)
〇ASTRINGIN(配糖体)

〇その他レスベラトロール含有化合物

などがレスベラトロール類になります。
表記した会社さんによって、その定義は異なってくると思います。
表記されている量も、2量体までくらいしか国内で確認分析ができないため、非常に曖昧です。

また、レスベラトロールの実験のほとんどは、トランス-レスベラトロール(単量体)で実施されています。
シス-レスベラトロールなどは異なる働きもするという報告もあるくらいなので、レスベラトロール類は、トランス-レスベラトロールと同様な効果が期待できるとは言えません。
ただし、トランス-レスベラトロールより高い効果を示す可能性もありますが。

あと、配糖体やレスベラトロール含有化合物は、レスベラトロールに別の化合物がついているため、定量すると、同じモル数でも多めの重量(質量)で検出されてしまいます。配糖体で倍量。
レスベラトロールにくっついている化合物が大きければ大きいほど、そこのところの評価も難しんですよね・・・。

安心してレスベラトロール商品を選ぶなら、トランス-レスベラトロールの量で評価することをおすすめいたします。または、きちんとレスベラトロール類を定義している商品ですね。



resveratrol at 12:23|PermalinkComments(1)TrackBack(1)

2011年06月26日

アンコール放送:あなたの寿命はのばせる〜長寿遺伝子発見〜

本日10:05から、6月12日に放映された「NHK特集」”あなたの寿命はのばせる〜長寿遺伝子発見〜”という番組が再放映されました!
http://www.nhk.or.jp/special/onair/110612.html
1500以上の反響で行われるアンコール放送です。

この初回放映で、以下の本が良く売れているようです。

百寿力 長寿遺伝子のミラクル

長寿遺伝子を鍛える

同時に、レスベラトロールのサプリも、売り切れ続出のようです。



resveratrol at 11:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年03月19日

放射線障害に有効な遺伝子リペア素材:レスベラトロール

今、放射能漏れで世間が騒がれれる中、ヨウ素や根昆布のサプリメントが売り切れ続出である。
しかし、ヨウ素はかなりの量を摂取する必要があり、ヨウ素製剤の代用品にはならないようである。

面白い記事を見つけた。
レスベラトロールは、放射線障害に有効であるという記事である。
たしかに、レスベラトロールの特徴は、DNA修復とDNA損傷予防である。その可能性は高い。

実際、文献を調べてみると、放射線のダメージとの関係を研究報告されている例はたくさんあるようであった。
 ↓↓
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=radiation%20damage%20%20resveratrol

いろいろな意味で、聞くとは思えないヨウ素サプリを飲むより、確実に健康効果が期待でき、さらに、放射線ダメージを低減できる可能性もあるレスベラトロールを摂った方が良いのではないだろうか?
最近は、認知症にも良いこともわかっている訳だし。

皆さんは、どう思うだろうか?
私は、いつも赤ワインレスベラトロールのサプリを飲んでいるので、ちょっと気持ち的に楽である。

記事紹介
------------
出典:http://www.viaviente.jp/2011/03/16/new-%E6%A4%8D%E7%89%A9%E7%94%B1%E6%9D%A5%E3%81%AE%E6%8A%97%E9%85%B8%E5%8C%96%E7%89%A9%E8%B3%AA%E3%81%AE%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E8%A2%AB%E3%81%B0%E3%81%8F%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B/

サイエンス・デイリー誌、2008年9月24日―赤ワインや植物に含まれるレスベラトロールが放射線被ばくに対して防御効果があるとピッツバーグ大学医学部の研究によって発表された。

ピッツバーグ大学医学部の放射線治療科の教授であり科長であるジョエル・グリーンバーガー医学博士が行ったこの研究はピッツバーグ放射線対策医療センター(Pitt’s Center for Medical Countermeasures Against Radiation)の監修のもと行われました。このセンターは放射線を防御、または緩和する
小さな分子を発見・開発し、大規模な原子力災害が発生した場合にそれを供給するために設立されました。

「放射線漏れや放射性テロ対策のためにも、放射線を防ぐ新しい分子が必要です。簡単に保管、輸送、管理ができるものが理想的ですが、今のところレスベラトロールがこれらの条件をよく満たしています」とクリーンバーガー博士は述べています。

「現在、市場には放射線被ばくに対して防御効果のある薬はありません。私たちの目標は一般の人々に効果的で副作用のない治療を提供することです。」グリーンバーガー博士と彼のチームはアセチル化レスベラトロールが放射線防御剤として実用化できるかどうかについてさらに研究を進めています。

この研究の結果はボストンで行われた第50回米国放射線腫瘍学会

論文の概要「アセチル化レスべラトロール:新しい放射線防御分子」は9月23日のポスター・ディスカッションのセッションで発表されました。

この研究は国立アレルギー・感染症研究所(National Institute of Allergy and Infectious Diseases)がピッツバーグ放射線対策医療センター設立のために交付した助成金1000万ドルをもとにして行われました。

------------
出典:http://wiredvision.jp/news/200809/2008092521.html
科学者たちは、放射線から身を守る薬をまだ発見していないが、老化を防ぐとされて注目を集めている抗酸化物質「レスベラトロール」に、放射線障害を防ぐ働きもある、との研究結果がこのほど発表された。

動物実験ではレスベラトロールで健康寿命を延ばすことに成功しており、いまは糖尿病治療の臨床試験が行なわれようとしている(日本語版記事)。薬として承認されれば、初めての「長寿の薬」になる可能性がある。

そして今度は、ピッツバーグ大学の腫瘍学者Joel Greenberger氏が、レスベラトロールがマウスの放射線障害を防止するという実験結果を発表した。人間でも同じことが可能なら、レスベラトロールは初めての抗放射線薬となるかもしれない――しかも、毒性はないので注射しても安心だ。

Greenberger氏は、「今回の研究は、放射能テロに対する防衛が目的だった。テロ攻撃で放射線を浴びたら、レスベラトロールを摂取すればいい」と語っている。テロ以外の状況における放射線障害にもレスベラトロールは有効だろう、と同氏は述べた。

これだけ次々に効能が見つかるなら、今度はカーペットのクリーニングにも使えるかどうか調べてみたいものだ。

冗談はさておき、レスベラトロールがターゲットとするのは、ミトコンドリアの制御を担当する遺伝子だ。ミトコンドリアは細胞の発電機のようなもので、身体に化学エネルギーを供給する。この過程で、DNAにダメージを与える「遊離基」(フリーラジカル)が生成される[フリーラジカルは、不対電子をもつ分子や原子。きわめて反応性に富むため、生体に有害な作用を及ぼす]。

レスベラトロールによってミトコンドリアを制御することで人間や動物の健康が改善されるが、同時に、放射線への防御性も高まるという。[過去記事「「老化を防ぐ」薬、実用化へ」によると、レスベラトロールは、げっ歯類の延命と関係していることがわかっている(日本語版記事)「SIRT1」という酵素を活性化する。この「SIRT1」は、細胞を管理された形で淘汰するアポトーシスの制御において中心的な役割を果たしており、SIRT1の働きが低下すると、細胞が死なずに分裂を続け、これによってガンが生じるという研究成果が発表されている(日本語版記事)]

Greenberger氏は、レスベラトロールにちょとした化学的な工夫を加えている。アセチル化して、レスベラトロールの「半減期」を延ばしたのだ。

Greenberger氏の研究結果は、9月23日(米国時間)に行なわれた米国放射線腫瘍学会の年次会議で報告された。

メモ:レスベラトロールは赤ワインに含まれる物質だ。そのため、こうした研究進歩があるたびに、これをワインと結びつける記事が続々と登場する。この最新研究も例外ではない。

だが、治療に効果的なだけの量をワインから摂取するには、毎日750本飲まなければならない。したがって、核爆発や原発事故やテロ攻撃が起こった場合、さまざまな理由で痛飲したくなるだろうが、ワインを数本空けるぐらいでは、放射線から身を守る効果は期待できない。
-----------

resveratrol at 01:22|PermalinkComments(2)TrackBack(1)
Profile
Recent TrackBacks
レスベラトロール商品などサプリメントのOEM (売れる健康食品・化粧品の製造OEMはアンチエイジング・プロ)
レスベラトロールのヒト摂取目安量
レスベラトロール商品などサプリメントのOEM (売れる健康食品・化粧品の製造OEMはアンチエイジング・プロ)
レスベラトロール類とは?
Recent Comments