原料の安全性

2013年07月12日

「レスベラトロール食品」規格基準

財団法人日本健康・栄養食品協会は、2013年7月3日(水)付で「レスベラトロール食品」規格基準を公示しました。設定に当たり「公募による専門部会」を設けていました。

■名称の種類
レスベラトロール含有食品

製品規格
■含有量
ブドウ、リンゴンベリー、又はメリンジョ由来のレスベラトロール
(レスベラトロール含有食品)
各由来レスベラトロールの試験方法により定量する時、表示以上
ゼラチン等の被包材比率:全重量の50%未満

■安全・衛生基準
●イタドリ由来のレスベラトロール(エモジン)を検出しない
●残留溶媒・・・・・・・・・・・エタノール以外不検出
●水分(乾燥減量)固形状の製品に限る・・・・・・・・ 8%以下
●有害汚染物質等
●ヒ素(As)・・・・・・・・・・・・2ppm以下
●重金属(Pbとして)・・・・ 20ppm以下
●一般細菌数・・・・・・・・・ 3×103個/g以下
●大腸菌群・・・・・・・・・・・陰性
●水分(乾燥減量) ・・・・・・・・ 8%以下
●その他 崩壊性・・・・・・・・・・・・・2液を用いて60分以内

■1日摂取目安量
ブドウ由来の総レスベラトロール類、リンゴンベリー由来のレスベラトロール 又はメリンジョ由来の総レスベラトロール類として 2〜100
レスベラトロールはさまざまな植物等に含まれているポリフェノールである。また、スチルベン骨格を有するのでスチルベン誘導体の一種でもある。メタノール、エタノール、アセトンなどの有機溶媒に可溶で水に難溶である。 ここでいうレスベラトールとは、ブドウ、リンゴンベリー、メリンジョなどに含まれるトランス‐レスベラトロールおよびその二量体等の重合体、もしくはそれらの配糖体を含むスチルベノイドポリフェノールの総称とした。

※詳細は下記URLをご参照ください
◎「レスベラトロール食品」規格基準の概要
http://jhnfa.org/topic155-1.pdf

resveratrol at 17:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月11日

赤ワインレスベラトロールの原材料ハイクオリティー認証

一般社団法人日本健康食品・サプリメント情報センターの原材料ハイクオリティー認証で赤ワインレスベラトロール原料が登録されました。

http://www.jahfic.or.jp/ingredient_hq/i004001.html

レスベラトロール以外にも、OPC(低重合プロアントシアニジン)も規格されています。

resveratrol at 14:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月02日

アクアレスベラトロール:水溶性レスベラトロール配糖体含有の真実は?

今、業界では、アクアレスベラトロールなるレスベラトロール配糖体を含有したレスベラトロール原料が出てきた。

http://www.aquaresvera.com/

この原料も、この原料を使用した商品もかなりお高いらしい。
商品で18900円らしい。
べらぼうに高い。

さて、このアクアレスベラトロールなるものは、「Glucose(糖分子)をレスベラトロール分子に結合させGlycoside(配糖体)レスベラトロールとすることで、安定した状態での抽出および水溶性であるため体内での吸収率が飛躍的にあがる。」というものらしい。

一方で、このレスベラトロール配糖体などの含量は、規格化されていなかったり、参考データすらないらしい。

こういった製品が、本当にアクアレスベラトロールと読んでも良いものだろうか?
疑問に思う。
健康食品業界は、こういった怪しいものがドンドン出てくる。
だから、健康食品業界は、信頼されないのかもしれない・・・。

また、このアクアレスベラトロールを行う際、独自の方法でレスベラトロールを配糖体にしているようである。

メーカーの説明によると、「ブドウ種子を特殊な装置のもとで発芽させる事によりポリフェノールが増えるだけでなく、配糖体レスベラトロール(水溶性)として抽出することができた。」とある。

しかし、繰り返すようだが、その含有量は明確になっていない。
レスベラトロール配糖体が特徴だといいながら含量を明らかにしない、これは、健康増進法の栄養成分表示基準に違反するのではないだろうか・・・。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/anzen/hoei/hoei_016/hoei_16b.html

いずれにしても、実際、レスベラトロール配糖体として、どの程度の含量が入っているのであろうか・・・なぞは、深まるばかりである・・・。
まあ、ちょっとでもレスベラトロール配糖体が含有しているのであれば、入っているくらいは言えるであろう・・・。

今後が楽しみである・・・。

◆追加情報◆
実際、アクアレスベラトロールのレスベラトロール含有量が計測され、レスベラトロールを含まないことが明白になったそうである。
業界新聞の特集記事の直前にこの事実が明らかになり、ちょっとした人騒動があったようである。
こういった偽物原料があたかも本物のように出回る業界である。困ったものである。



resveratrol at 14:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

違法なレスベラトロール素材イタドリ抽出物(医薬品素材)

海外で主に使用されているレスベラトロール素材として、「イタドリ(Polygonum cuspidatum、漢方名:虎杖根・コジョウコン)」という植物が存在します。

このイタドリは、Huzhang、Japanese Knotweed、Tiger Cane、虎杖(コジョウ)と呼ばれる東アジア原産の多年草であり、繁殖力の強さから、欧米では侵入植物とされ嫌われているそうです。

いわゆる雑草の1つです。

雑草図鑑:イタドリ

漢方では、緩下薬、利尿薬、通径薬として常習便秘や老人の下痢、膀胱炎、膀胱結石、月経不順、閉経に用います。

日本において、イタドリの抽出物は、医薬品区分です。

そして、1990年代、イタドリを始めとしたタデ属の植物にレスベラトロールが多く含まれていることがわかり始めました。

(イタドリ由来のレスベラトロールは、高価なブドウ由来のレスベラトロールに比べ非常に安価であり、そのため、ブドウ由来のレスベラトロールとして販売されたり、ブドウポリフェノールの商品に添加して販売されたりします。)

その他に、イタドリの根茎には、アントラキノン誘導配糖体のポリゴニン、フラボン配糖体、タンニン、エモジン、エモジンメチルエーテルなどを含みます。

ちなみに、エモジンは、ハブ茶(ケツメイシ)やアロエベラなどに含まれている緩下作用(お腹がゆるくなる作用)のある成分です。摂取し過ぎると、下痢になります。

そのため、レスベラトロール素材がブドウ由来であるかを調べる場合、エモジンなどのイタドリ特有成分(主にアントラキノン)を分析します。
通常、ブドウにはエモジンなどが含まれていないので、もし、エモジンなどが検出されれば、かなり高い確率で、それはイタドリ由来のレスベラトロールが添加されている可能性があるのです。

しかし、レスベラトロールには、純度の高いレスベラトロール(合成またはイタドリ由来のレスベラトロールを精製したもの)も存在しているため、エモジンなどが含まれていなければ、完全にブドウ由来のレスベラトロールであるとは言えないのです。

また、ブドウには多くレスベラトロールが含まれていないので、トランス体としての含量が20%を越えるものも、かなり高い確率で、イタドリ由来もしくは合成のレスベラトロールでしょう。

現在、このイタドリ由来もしくは合成のレスベラトロールが配合されてた輸入サプリメントが数多く出回り始めています。
食するものですから、安全性というものを考えると、このような違法サプリメントはなくなってもらいたいものです。でも、なかなか排除されないのが現状です。

中には、医薬品成分であっても、別に良いのではないかと考える人もいるかもしれません。
でも、私は、できるだけブドウ由来のレスベラトロール素材を使用したレスベラトロールサプリメントを選択したいなあと思います。
やっぱり、健康になるための商品ですから、できる限り安全な素材を使用した商品を選びたいですから・・・。



resveratrol at 14:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

レスベラトロールサプリメントの安全性と法規制(食品衛生法)

今、レスベラトールのサプリメントがドンドン発売されています。
しかし、一方で、食品衛生法を無視した個人輸入品や医薬品原料から製造ざれたレスベラトロールを用いられて造られた品が多く出回り始めています。

そもそも、健康食品原料(植物由来原料)は、食品衛生法上、以下の点を満たす必要があります。

・原料が食薬区分上の食品原料(非医薬品原料)で製造されていること
・水もしくはエタノールで抽出されていること

レスベラトロール原料の場合、医薬品原料「イタドリ」から製造されている原料は輸入できません。しかし、イタドリからアセトン抽出されたレスベラトロール原料を用いて製造された商品がドンドン増えています。

例えば、インターネット上で大々的に販売されている商品は、原材料名でレスベラトロールとしか表記されていませんが、どんな原料を使用しているのでしょう?通常、赤ワイン抽出物、ブドウ初芽抽出物、ブドウ果皮エキス(レスベラトロール含有)などの表記が一般的なのですが・・・。この表記自体が食品衛生法に引っかかるはずです。
まあ、何が使用されているかわかりませんね・・・。おそらく、イタドリからのアセトン抽出品でしょう・・・。

また、以前にも指摘しましたが、初芽や蔦などのブドウ非可食部から抽出された原料も、微妙な位置付けです。食経験がない部位から抽出されているわけですし、アセトン抽出の可能性も高く、必ずしも安全とは限りません。

そもそも、水に溶けないレスベラトロール原料を販売している原料販売会社が存在すること自身が危ないです。半分がそうなのですから、恐ろしいものです。
なぜ水に溶けないかというと、それは水より極性が低いアセトンで抽出されているからに決まっているからではないですか。水・エタノールで抽出されていれば、折は残っても水に良く溶けるはず。そんなこと、理系の人間だったら、ちょっと考えれば誰でもわかることなのに、よく販売を続けているなあと不思議に思います。

何れにしろ、みなさん、安いからと言って安易にレスベラトロールのサプリメントを購入してはいけませんよ。健康になるはずの健康食品で健康を害してしまう可能性もありますよ。
サプリメントを購入する際は、必ず、原材料表記をチェックするようにしましょう!!



resveratrol at 14:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

ワイン・葡萄(ブドウ)の安全性

ワイン・葡萄(ブドウ)の安全性について、調べてみました。

<ワイン>
ワインについては、摂取量に依存して様々な副作用がある。
アルコールの影響には個人差があることも考慮すべきであり、多く摂取するとおそらく危険。妊娠や授乳婦は多く摂取すると副作用が出る可能性があり、危険性が示唆されている。

<果実・皮>
通常食事に含まれる量の摂取はおそらく安全と思われる。
副作用としてはブドウの果実やその加工品を食べることで、緩下作用による下痢を起こすことがある。

<葉・種子>
通常食事に含まれる量の摂取はおそらく安全と思われる。
ブドウ葉抽出物の摂取は、安全性が示唆されている。
妊婦や授乳婦については安全性情報が十分でないため、通常の食事以上の量の摂取は避けたほうが良い。
主な副作用としては胃腸の不調、下痢、消化不良、吐き気などを招くことがある。

まあ、要するに、基本的に安全なものだけで、飲みすぎには胃や腸に負担がかかるということですね。
ワインの場合、当然、アルコールの害に気をつけなければならないということですね。



resveratrol at 10:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile
Recent TrackBacks
レスベラトロール商品などサプリメントのOEM (売れる健康食品・化粧品の製造OEMはアンチエイジング・プロ)
レスベラトロールのヒト摂取目安量
レスベラトロール商品などサプリメントのOEM (売れる健康食品・化粧品の製造OEMはアンチエイジング・プロ)
レスベラトロール類とは?
Recent Comments