アンチエイジング

2013年07月11日

赤ワインの成分「アレルギー予防に効果」 山梨大

赤ワインなどに豊富に含まれるポリフェノールの一種「レスベラトロール」に、食べ物で発症するアレルギーを抑える効果があることを、山梨大大学院の中尾篤人教授(免疫学)らのチームがマウスを使った実験で突き止めた。米オンライン科学誌「プロスワン」に発表した。

卵や小麦、牛乳などで体の免疫機構が過敏に反応し、ショック症状を起こす食物アレルギーは近年増加。重症化すると死亡することもある。有効な予防法はなかったが、中尾教授は「この成分は既にサプリメントとして製品化されており、予防ができればメリットは大きい」としている。

実験では、餌に0.01%のレスベラトロールを混ぜたマウスと、混ぜなかったマウスを比較。約1カ月後に卵アレルギーを発症するよう人工的に操作すると、レスベラトロールを取ったマウスは、卵を異物と認識する特定の抗体の生産が抑えられ、ショック症状も出ないことが分かった。

研究は、大学院付属ワイン科学研究センターの奥田徹教授らと共同で進めた。

引用:日本経済新聞

resveratrol at 14:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

赤ワインレスベラトロールの原材料ハイクオリティー認証

一般社団法人日本健康食品・サプリメント情報センターの原材料ハイクオリティー認証で赤ワインレスベラトロール原料が登録されました。

http://www.jahfic.or.jp/ingredient_hq/i004001.html

レスベラトロール以外にも、OPC(低重合プロアントシアニジン)も規格されています。

resveratrol at 14:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月23日

レスベラトロール書籍の紹介:ヒミツの赤ワイン レスベで楽してアンチエイジング

先生ご自身がアンチエイジングのカリスマである、順天堂大学総合診療科 助教の吉田先生(49歳)の書籍です。
美容とアンチエイジングをテーマに、女性目線でレスベのことがわかりやすく書かれています。

書店では、帯がたかの友梨さんでした。



おすすめです♪
ヒット、間違えないと思います!
っていうか、初日に在庫切れだし・・・。

resveratrol at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月05日

レスベラトロールを配合した健康飲料「ザ・レスベラトロール」を岡山理科大学と共同開発。扶桑化学工業株式会社

果実酸の扶桑化学さんからレスベラトロールを配合した以下のような健康飲料が発売されました。

http://www.fuso-hc.com/product/resve/index.html
http://www.fusokk.co.jp/topics/164/index.html
http://news.livedoor.com/article/detail/4247829/

岡山理科大学と共同開発だそうです。
やはり、南仏ローヌ産の赤ワインエキスが使用されています。



resveratrol at 13:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年07月13日

カロリー制限で長寿化:サルで実証

今日、お客さんからの情報提供で、以下のページが届きました。

http://wiredvision.jp/news/200907/2009071022.html

2009年7月10日付け科学雑誌「Science(サイエンス)」で、 カロリー制限(カロリス)で長寿化がサルで実証されたようです。
ホカホカの情報です♪
アンチエイジングが実証されたという面では、すばらしい功績だと思います。

この記事の面白いところは、「このカロリスを継続するのは大変だから、同じ効果を示すレスベラトロールに」という締めくくり部分のです。

まあ、人間の場合、余程精神力が強くなければ、摂取カロリーを70%以下に落とすということは難しいと思います。
もし、実行したとしても、精神的なストレスが大きく、かえって害になるのでは?と考えてしまいます。
ん〜、食事は、家族や友人とのコミュニケーションを取るための大事な場でもあります!
やっぱり、精神衛生上、良くな〜い!!

だから、赤ワインを飲んで酔っぱらって楽しくなって、レスベラ摂取して元気であり続けるべき!
精神力の弱い私は、そう思うので、そのように実践しま〜す

resveratrol at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2009年06月19日

ワインの低力「レスベラトロール」長寿の薬?

先日ご紹介した60 Minutesが日本のテレビで紹介されたらしいです。
↓そのVTRです。もちろん、日本語です。

ワインの低力「レスベラトロール」長寿の薬?


これだと、誰でも番組が理解でしますね

resveratrol at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2009年06月09日

おすすめ書籍

久しぶりの更新ですが、記事の更新でなく、オススメ書籍の紹介です。

▼オススメ書籍▼


勉強になります。
是非、みなさんも読んでみてください!



resveratrol at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月02日

レスベラトロールがCBS放送の60 Minutesで世紀のアンチエイジングとして報道

赤ワインに存在する、とてつもない力を持つポリフェノールとして、非常に注目されているレスベラトロールだが、2009年1月25日、米国CBS放送の報道番組「60 Minutes」でそのアンチエイジング効果が紹介されたようである。



※もちろん、英語です
※最初に、CMが入ります。

この放映の一部をアップしてみましたが、その中では、レスベラトロール研究の第一人者であるハーバード大学医学部シンクレア教授が「明らかに老化をスローダウン(遅延)させる」と言っています。

このレスベラトロール、海外では純品がサプリメントとして使用できるため、毎日200mg以上をサプリで摂取することが容易です。
一方、日本において、法律上、このレスベラトロールを摂取することができるのは葡萄由来のものだけ。イタドリという雑草や合成品は、食品衛生法上×。
したがって、毎日100mg以上摂取するのは、しばらく日本では難しいかもしれない。非常に残念・・・。

一方、レスベラトロール純品は、吸収性が非常に悪いことが指摘されています。血小板凝固作用などにおいては、レスベラトロール純品より赤ワイン由来のレスベラトロールの方が良いデータが出ているケースがあったりするので、必ずしもレスベラトロール純品が良いとも言えない。
あと、赤ワインに含まれるレスベラトロール以外のポリフェノールも非常に優れた効果を有します。

私の意見としては、レスベラトロールに関して、この成分だけによって明確に老化を遅延させることまでは望みません。
むしろ、レスベラトロールを含む赤ワインポリフェノールで、動脈硬化性疾患、悪性新生物(がん)、認知症などのリスクを少しでも低くできればば十分と思っています。

健康寿命の延伸が最優先!
あと、若さは、気持ち次第!



resveratrol at 14:58|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

Sirtris社 MELAS症候群治療薬としてレスベラトロールがFDAに希少薬指定

2008年4月2日、Sirtris Pharmaceuticals, Inc.は、MELAS症候群(ミトコンドリア性筋障害・脳症・乳酸アシドーシス・脳卒中様エピソード)の治療薬としてレスベラトロール(resveratrol)がアメリカFDAに希少薬指定されたと発表しました。

(希少薬 Orphan-Drug:極めて希な疾病の治療に用いられる薬品)

Forbesの記事(英文)
http://www.forbes.com/afxnewslimited/feeds/afx/2008/04/02/afx4843937.html

BioTodayの記事(和文)
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=26032

Sirtris Pharmaceuticals, Inc.のページ
http://www.sirtrispharma.com/

Sirtris Pharmaceuticalsという会社がレスベラトロールの医薬品の開発を盛んに行っているようです。多くの医師が参加するベンチャー企業のようです。

まあ、この治療薬の摂取量など、詳細が気になりますが・・・。
今後、ヒトでの臨床試験結果やその他の使用用途の広がりが非常に楽しみです。



resveratrol at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

長生きポリフェノール レスベラトロールの長生き効果 Natureでの報告

以前にもレスベラトロールの長生き効果とそのメカニズムについてご紹介いたしましたが、
今回は、その続報で、マウス(ネズミ)で長生き効果が認められたという報告です。
(以前の報告は酵母での実験でした。)

--------------------------

レスベラトロールは、高カロリー餌摂取マウスの健康を増進させ、寿命を延長させる
Baur JA et al., Resveratrol improves health and survival of mice on a high-calorie diet. Nature. 444(7117):337-42. (2006)

多施設の研究チームは、中年のマウスを標準食(standard diet:SD)群、高カロリー高脂肪食(high-calorie, high-fat diet:HC)群または高カロリー高脂肪食+レスベラトロール(high-calorie, high-fat diet plus resveratrol:HCR)群に割り付けた。
SD群と比較して、HC群では体重が着実に増加した。さらに、HC群ではインスリン感受性の低下、運動機能の低下、肝肥大と脂肪肝、心筋の脂肪化と炎症、肝細胞のミトコンドリアの減少が認められ、また有意に若い年齢で死亡した。これとは好対照に、HCR群でも体重は増加したが、これらの生化学的あるいは病理学的変化はいずれも認められなかった。さらに、これらはSD群のマウスと同様に活発で、長く生存した。レスベラトロールは、HC食によって生じた153の遺伝子発現の変化のうち144を予防した。

--------------------------

そして、Highlightsでは・・・

---------------------

Highlights:ケーキを食べても大丈夫
「もうケーキをあきらめなくてもいい!」、「太って飲み放題でも健康でいられる!」、「若さの泉」といった見出しは、本誌オンライン版の論文「レスベラトロールは高カロリー餌摂取マウスの健康を増進させ、寿命を延長させる」の発表に際してのものだ。この論文は、高カロリー食を与えられているマウスに、赤ワインに含まれるレスベラトロールを経口投与すると、低カロリーの食餌を与えられているときの生理的影響の多くを再現でき、健康と寿命に改善がみられることを明らかにしている。投与量は、ヒトの場合に換算して摂取可能な量(ただし赤ワインでの摂取では1日何百本も飲むことになり、副作用が出てしまうので不可)である。今週はこの論文をじっくりと読みましょう!

---------------------

と紹介されました。
Highlightsの内容は、ちょっと過激ですね。

飽食の世の中、高カロリーの食生活は、成人病を招くばかりでなく、寿命も縮めるといわれていましたが、このレスベラトロールによって寿命が改善される可能性が出てきました。

長生きしたいけど、ちょっと太り気味のみなさん、光が見えてきましたね・・・。



resveratrol at 10:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile
Recent TrackBacks
レスベラトロール商品などサプリメントのOEM (売れる健康食品・化粧品の製造OEMはアンチエイジング・プロ)
レスベラトロールのヒト摂取目安量
レスベラトロール商品などサプリメントのOEM (売れる健康食品・化粧品の製造OEMはアンチエイジング・プロ)
レスベラトロール類とは?
Recent Comments