ヨウ素

2011年03月22日

赤ワインレスベラトロールが放射線防御に効く

放射線に関連するネタで書いていたら、「赤ワイン」「放射線」というキーワードでやたらと検索されていました。

それもそのはず、
3/18に米Time誌で以下のような記事が出たようです。


赤ワインが放射線防御に効く(米Time誌)
http://newsfeed.time.com/2011/03/18/red-wine-your-next-defense-against-nuclear-radiation/


それも、「レスベラトロールが」という形で。

チェルノブイリの時も赤ワインの消費が伸びたらしく、現金なものです。
今回の原発事故、諸外国の方が過剰反応しているように思えます。

resveratrol at 15:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年03月19日

放射線障害に有効な遺伝子リペア素材:レスベラトロール

今、放射能漏れで世間が騒がれれる中、ヨウ素や根昆布のサプリメントが売り切れ続出である。
しかし、ヨウ素はかなりの量を摂取する必要があり、ヨウ素製剤の代用品にはならないようである。

面白い記事を見つけた。
レスベラトロールは、放射線障害に有効であるという記事である。
たしかに、レスベラトロールの特徴は、DNA修復とDNA損傷予防である。その可能性は高い。

実際、文献を調べてみると、放射線のダメージとの関係を研究報告されている例はたくさんあるようであった。
 ↓↓
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=radiation%20damage%20%20resveratrol

いろいろな意味で、聞くとは思えないヨウ素サプリを飲むより、確実に健康効果が期待でき、さらに、放射線ダメージを低減できる可能性もあるレスベラトロールを摂った方が良いのではないだろうか?
最近は、認知症にも良いこともわかっている訳だし。

皆さんは、どう思うだろうか?
私は、いつも赤ワインレスベラトロールのサプリを飲んでいるので、ちょっと気持ち的に楽である。

記事紹介
------------
出典:http://www.viaviente.jp/2011/03/16/new-%E6%A4%8D%E7%89%A9%E7%94%B1%E6%9D%A5%E3%81%AE%E6%8A%97%E9%85%B8%E5%8C%96%E7%89%A9%E8%B3%AA%E3%81%AE%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E8%A2%AB%E3%81%B0%E3%81%8F%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B/

サイエンス・デイリー誌、2008年9月24日―赤ワインや植物に含まれるレスベラトロールが放射線被ばくに対して防御効果があるとピッツバーグ大学医学部の研究によって発表された。

ピッツバーグ大学医学部の放射線治療科の教授であり科長であるジョエル・グリーンバーガー医学博士が行ったこの研究はピッツバーグ放射線対策医療センター(Pitt’s Center for Medical Countermeasures Against Radiation)の監修のもと行われました。このセンターは放射線を防御、または緩和する
小さな分子を発見・開発し、大規模な原子力災害が発生した場合にそれを供給するために設立されました。

「放射線漏れや放射性テロ対策のためにも、放射線を防ぐ新しい分子が必要です。簡単に保管、輸送、管理ができるものが理想的ですが、今のところレスベラトロールがこれらの条件をよく満たしています」とクリーンバーガー博士は述べています。

「現在、市場には放射線被ばくに対して防御効果のある薬はありません。私たちの目標は一般の人々に効果的で副作用のない治療を提供することです。」グリーンバーガー博士と彼のチームはアセチル化レスベラトロールが放射線防御剤として実用化できるかどうかについてさらに研究を進めています。

この研究の結果はボストンで行われた第50回米国放射線腫瘍学会

論文の概要「アセチル化レスべラトロール:新しい放射線防御分子」は9月23日のポスター・ディスカッションのセッションで発表されました。

この研究は国立アレルギー・感染症研究所(National Institute of Allergy and Infectious Diseases)がピッツバーグ放射線対策医療センター設立のために交付した助成金1000万ドルをもとにして行われました。

------------
出典:http://wiredvision.jp/news/200809/2008092521.html
科学者たちは、放射線から身を守る薬をまだ発見していないが、老化を防ぐとされて注目を集めている抗酸化物質「レスベラトロール」に、放射線障害を防ぐ働きもある、との研究結果がこのほど発表された。

動物実験ではレスベラトロールで健康寿命を延ばすことに成功しており、いまは糖尿病治療の臨床試験が行なわれようとしている(日本語版記事)。薬として承認されれば、初めての「長寿の薬」になる可能性がある。

そして今度は、ピッツバーグ大学の腫瘍学者Joel Greenberger氏が、レスベラトロールがマウスの放射線障害を防止するという実験結果を発表した。人間でも同じことが可能なら、レスベラトロールは初めての抗放射線薬となるかもしれない――しかも、毒性はないので注射しても安心だ。

Greenberger氏は、「今回の研究は、放射能テロに対する防衛が目的だった。テロ攻撃で放射線を浴びたら、レスベラトロールを摂取すればいい」と語っている。テロ以外の状況における放射線障害にもレスベラトロールは有効だろう、と同氏は述べた。

これだけ次々に効能が見つかるなら、今度はカーペットのクリーニングにも使えるかどうか調べてみたいものだ。

冗談はさておき、レスベラトロールがターゲットとするのは、ミトコンドリアの制御を担当する遺伝子だ。ミトコンドリアは細胞の発電機のようなもので、身体に化学エネルギーを供給する。この過程で、DNAにダメージを与える「遊離基」(フリーラジカル)が生成される[フリーラジカルは、不対電子をもつ分子や原子。きわめて反応性に富むため、生体に有害な作用を及ぼす]。

レスベラトロールによってミトコンドリアを制御することで人間や動物の健康が改善されるが、同時に、放射線への防御性も高まるという。[過去記事「「老化を防ぐ」薬、実用化へ」によると、レスベラトロールは、げっ歯類の延命と関係していることがわかっている(日本語版記事)「SIRT1」という酵素を活性化する。この「SIRT1」は、細胞を管理された形で淘汰するアポトーシスの制御において中心的な役割を果たしており、SIRT1の働きが低下すると、細胞が死なずに分裂を続け、これによってガンが生じるという研究成果が発表されている(日本語版記事)]

Greenberger氏は、レスベラトロールにちょとした化学的な工夫を加えている。アセチル化して、レスベラトロールの「半減期」を延ばしたのだ。

Greenberger氏の研究結果は、9月23日(米国時間)に行なわれた米国放射線腫瘍学会の年次会議で報告された。

メモ:レスベラトロールは赤ワインに含まれる物質だ。そのため、こうした研究進歩があるたびに、これをワインと結びつける記事が続々と登場する。この最新研究も例外ではない。

だが、治療に効果的なだけの量をワインから摂取するには、毎日750本飲まなければならない。したがって、核爆発や原発事故やテロ攻撃が起こった場合、さまざまな理由で痛飲したくなるだろうが、ワインを数本空けるぐらいでは、放射線から身を守る効果は期待できない。
-----------

resveratrol at 01:22|PermalinkComments(2)TrackBack(1)
Profile
Recent TrackBacks
レスベラトロール商品などサプリメントのOEM (売れる健康食品・化粧品の製造OEMはアンチエイジング・プロ)
レスベラトロールのヒト摂取目安量
レスベラトロール商品などサプリメントのOEM (売れる健康食品・化粧品の製造OEMはアンチエイジング・プロ)
レスベラトロール類とは?
Recent Comments