認知症

2011年02月16日

小豆茶

今、むくみ改善で小豆茶が人気急上昇のようです。
サポニン、カリウム、ポリフェノールが良いのでしょう。
総合的に。

ポリフェノールは、400mgでむくみ改善のデータがあるくらいですから。

小豆には、ポリフェノールやレスベラトロールが含まれています。
健康や美容にも良いので、女性には嬉しいですよね。

resveratrol at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

レスベラトロールが入っているスカルプDサプリメント

ついでに。

こんなレスベラトロールの薄毛・発毛対策用のサプリメントもあります。
5α-R(ファイブ・アルファ・アール)




こちらは、抗酸化+5-α-リアクターゼ抑制のコンセプトで作られています。
まあ、薄毛の大敵:活性酸素を消去して、ホルモンも上手にコントロールして薄毛を抑制しようということですね。

さて、レスベラトロールは、健康、美容、薄毛のどこの市場にマッチするのでしょうか・・・。

resveratrol at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

毛髪クリニック リーブ21のレスベラトロールサプリ「レストル」

毛髪クリニック リーブ21で、レスベラトロールのサプリメントが今週月曜日に発売されました。
以前に、5-α-リアクターゼを抑制することで、某クリニック系育毛剤会社がレスベラトロールを採用していました。

この商品は、活性酸素を押さえて、薄毛や脱毛を要望するというコンセプト。

------------------------------------
http://www.asahi.com/business/pressrelease/PRT201102100041.html
記事:asahi.comより

株式会社 毛髪クリニック リーブ21(大阪市中央区、代表取締役社長:岡村勝正、以下リーブ21)は、2011年2月14日(月)より、赤ワインやその原料となるブドウに含まれるポリフェノールの一種、レスベラトロールを配合したサプリメント「レストル」(税込4,800円)を、リーブ21の通販部門「リーブ直販」*1と全国のリーブ21オペレーションセンターにて発売します。
*オペレーションセンター:発毛施術等を行なうリーブ21の店舗

「レストル」はレスベラトロールを配合した栄養補助食品です。このサプリメントはフランス産のワイン用ブドウを原料としており、アルコールを摂ることなく1日2粒で赤ワイン(750ml)5本分のレスベラトロールを摂取できます。
レスベラトロールは活性酸素を抑制する高い抗酸化作用をもっています。活性酸素は、体内に侵入した細菌を排除する働きもありますが、一方で身体を酸化させ動脈硬化などを引き起こしたり生活習慣病や老化、薄毛や脱毛の原因になるとも考えられています。この活性酸素はストレスなどから発生すると考えられており、これを抑制する抗酸化作用は年齢とともに低下していきます。

■レスベラトロール
レスベラトロールとは赤ワインやその原料となるブドウに含まれるポリフェノールの一種です。細胞の老化などを抑える抗酸化作用が強く、フレンチパラドックス*の一つの回答ではないかと考えられており、アンチエイジングや健康維持に効果的であるといわれています。最近では、認知症の予防や改善のメカニズムにレスベラトロールが重要な役割を果たす可能性があるとして注目されています。
*フレンチパラドックスとは、フランス人が高コレステロールな食事にも関わらず、健康に過ごしている人が多いという矛盾のことです。

【レストル】 
成分:ブドウエキス末 他
内容量:60粒(200mg/粒)
価格:4,800円(税込)

リーブ21では、今後も髪とからだの健康を意識されるお客様の多様なニーズにお応えできるよう、より良い商品を取り揃え、ご提供していきたいと考えております。
------------------------------------

resveratrol at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月28日

今日は、アクセス数が

今日は、アクセスが非常に多かった。
何かあったのだろうか?

まあ、うれしい限りである♪

resveratrol at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2011年01月27日

フレンチパラドックスとレスベラトロール

こういった報告を読むと、フレンチパラドックスの一因がレスベラトロールであることが一目瞭然ですな。

こういったレスベラトロールのヒトでの臨床データも非常に貴重です。
レスベラトロールの欠点は、予防的な効果が期待できる半面、その予防効果を検証しにくいこと。
貴重♪貴重♪

-----------------------
高血圧気味の肥満者19人を対象とした無作為化二重盲検交差比較試験の結果、レスベラトロールには上腕動脈内皮機能(FMD)を改善する効果があることが示唆されました。

被験者は低濃度レスベラトロール投与群(30mg)、中濃度レスベラトロール投与群(90mg)、高濃度レスベラトロール投与群(270mg)、およびプラシーボ(偽薬投与)群の4グループに分けられて、1週間の投与を受けました。また、被験者は、レスベラトロール投与の1時間後に上腕動脈内皮機能と血中レスベラトロール濃度に関する検査を受けました。

分析の結果、レスベラトロール投与群はプラシーボ群に比べて、用量依存的に上腕動脈内皮機能と血中レスベラトロール濃度が改善されたことが分かりました。

このことから、高濃度のレスベラトロールは血中レスベラトロール濃度を高め、上腕動脈内皮機能を改善すると考えられ、ブドウや赤ワインには循環器の健康を増進する効果がある、とこの研究チームは結論しました。

出典: "Acute resveratrol supplementation improves flow-mediated dilatation in overweight/obese individuals with mildly elevated blood pressure," Wong RH, Berry NM, et al, Nutr Metab Cardiovasc Dis, 2010 Jul 29; [Epub ahead of print]. (Address: Nutritional Physiology Research Centre, University of South Australia, GPO Box 2471, Adelaide, South Australia 5001, Australia).

resveratrol at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2011年01月26日

赤ワインで記憶力向上」マウス実験で判明 認知症関連学会で発表

以前に赤ワイン/レスベラトロールの認知症予防効果を紹介いたしましたが、こんな記事を見つけました。

より具体的な量が示されています。

-------------------------
赤ワインで記憶力向上」マウス実験で判明 認知症関連学会で発表へ

赤ワインに含まれる「レスベラトロール」の健康効果が注目されている
 赤ワインに含まれるポリフェノールに、脳の認知機能を向上させる働きがあることが、名古屋市立大大学院医学研究科の岡嶋研二教授らのマウス実験で明らかになった。認知症の予防や改善につながる成果で、来年7月にパリで開かれる認知症関連学会で発表する。

 岡嶋教授らは、ポリフェノールの一種「レスベラトロール」に着目。赤ワインとレスベラトロール、白ワインを1日当たり0・2ミリリットルずつ、3週間にわたって異なるマウスに飲ませ、記憶や学習にかかわる脳器官「海馬(かいば)」の変化を調べた。その結果、赤ワイン、レスベラトロールを飲んだマウスでは、神経細胞を活性化する物質が通常の1・5倍に増え、海馬の神経細胞の再生や情報伝達スピード向上などの効果がみられた。白ワインは効果がなかった。迷路を解かせる訓練でも、所要時間は白ワインの約半分で、学習能力も向上していた。

 これまで、人間は1日250〜500ミリリットルの赤ワインを飲むと、認知症の改善効果があることが経験的に知られている。ポリフェノールの抗酸化作用が脳を守ると考えられてきたが、今回の研究で神経系の作用だったことが判明した。
-------------------------

とは言え、毎日250〜500ミリリットルの赤ワインを飲むのはしんどいですよね
特に、赤ワインやお酒がダメな人には。

やはりサプリがええですよ♪

resveratrol at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2011年01月25日

レスベラトロールは有益な脂肪ホルモンであるアディポネクチンを増やす !

レスベラトロールが有益な脂肪ホルモン:アディポネクチンを増やすという記事が紹介されました。

こういったメカニズムは、大豆たんぱくでも発見されていたのですが、レスベラトロールでも発見されるとは非常に面白いデータです。

レスベラトロールは、サーチュインの活性化によって、抗糖尿病の効果を示すことが知られていましたが、ここ最近では、いろいろな側面から作用メカニズムが確認されています。結局のところ、どこかでつながっているのだと思いますが。

今後、ますます期待が高まります。

---------------------

レスベラトロールはアディポネクチン(脂肪を産生して蓄積する細胞から放出されるホルモン)を増加させるのではないか、という研究報告。

細胞と動物のモデルを用いて調べたところ、レスベラトロールはSirt1(長寿遺伝子として知られるたんぱく質)から独立したメカニズムによって、3T3-L1脂肪細胞でアディポネクチン多量体化を促進し、DsbA-L(アディポネクチンを活性化するたんぱく質)によってレスベラトロールのアディポネクチン増強作用は促されることが確認された。

レスベラトロールがアディポネクチンに与える影響は、Akt(プロテインキナーゼB)、FOXO1(フォークヘッド転写因子)、AMPK(脂質代謝に関連する酵素)によって制御されるという。

レスベラトロールとアディポネクチンは、肥満予防、インスリン抵抗性改善、老化防止が期待されているため、肥満や糖尿病などの新しい治療薬開発に関する調査が進められるべきである、と研究者らは話している。

---------------------

出典
Anping Wang, Meilian Liu, Xianling Liu, Lily Q. Dong, Randol Glickman, Thomas J. Slaga, Zhiguang Zhou‡ and Feng Liu, Expand+Up-regulation of Adiponectin by Resveratrol: THE ESSENTIAL ROLES OF THE Akt/FOXO1 AND AMP-ACTIVATED PROTEIN KINASE SIGNALING PATHWAYS AND DsbA-L, The Journal of Biological Chemistry, 286, 60-66.

resveratrol at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2009年03月02日

赤ワインのアルツハイマー病予防効果<マウスを用いた実験で立証>

以前紹介いたしましたが、フランスボルドー地方(赤ワインの名産地)で行なった調査において、「ワインを250cc以上飲酒していた老人(65歳以上)の痴呆症発症率が飲んでいない人の4分の1だった」という報告を紹介いたしました。

今回は、なんと、赤ワインのアルツハイマー病予防効果が動物実験(マウス)で実証されていた記事を紹介いたします!!

実験を行ったのは、マウントサイナイ医科大学(ニューヨーク市)の研究チームです。そして、その結果を米実験生物学誌「FASEB Journal」2006年11月号で報告されました。

この報告では、アルツハイマー病型の脳にしたマウスを、赤ワインを与えたグループとエタノールまたは水を与えたグループにわけて、その影響を評価しました。この実験では、カベルネ・ソーヴィニヨン(Cabernet Sauvignon)種の赤ワインが使用されました。

その実験の結果、赤ワインを与えられたマウスの方に、脳の記憶機能低下の度合いが少なかったという結果が認められました。

この赤ワインの効果は、アルツハイマー病の主な特徴である、脳にプラーク(plaque)の形成を引き起こすたんぱく(βアミロイド)の生成を赤ワインが防いだ作用によるものであると推測されています。

研究チームのジュリオ・パシネッティ(Giulio Maria Pasinetti)博士とジュン・ウォン(Jun Wang)博士は、「この実験の結果は、米食品医薬品局(FDA)による食事指針の範囲内の適量の赤ワイン(女性1日1杯、男性1日2杯)を飲むことによって、アルツハイマー病のリスクが減るという、すでに発表されている疫学的証拠を裏付けるものだと」しています。

赤ワインは、適度に飲めば、心臓病やガン(悪性新生物)を予防し、痴呆症予防にもかなり期待できるということですね。
健康や老後の生活のためにも、適度に酔っ払って赤ワイン生活をフルに楽しみながら、赤ワイン効果で健康を維持する。なんて楽しい健康法なのでしょう・・・・。

参考文献:Wang J, Ho L, Zhao Z, Seror I, Humala N, Dickstein DL, Thiyagarajan M, Percival SS, Talcott ST, Pasinetti GM. Moderate consumption of Cabernet Sauvignon attenuates Abeta neuropathology in a mouse model of Alzheimer's disease. FASEB J. 2006 Nov;20(13):2313-20.



resveratrol at 14:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

赤ワインで認知症の発症率減!なんと1/4に!

赤ワインには、痴呆症に良いというデータがあります。
そして、赤ワインのどの成分がアルツハイマーなどの痴呆症に良いかなどがわかり始めています。
近年、赤ワインのレスベラトロールが有効成分であることがわかり始めています。

そもそも、アルツハイマーなどの痴呆症の一因は、脳におけるβアミロイド(βアミロイドペプチド)の産生とその異常沈着であると言われています。
これは、いわゆるアミロイド・カスケードと言われるもので・・・
アミロイド前駆体蛋白(amyloid precursor protein,APP)からのβアミロイド産生→異常凝集(アミロイド線維形成)→神経毒性発現→神経原繊維変化→神経細胞の死→脳萎縮という経過をたどります。

そして、レスベラトロールの痴呆症への研究は、赤ワインの摂取が痴呆症のリスクを低減することが統計調査から示されたことから始まっています。1998年に、Lemeshowらは、ワインの摂取と痴呆症の発症について、3年間にわたる調査を行いました。調査は、赤ワインの名産地の1つ、ボルドー地域で行われました。
その結果、65歳以上で、ワインを250cc以上飲んでいる人が痴呆症になりにくいというデータが示されました。

▼ワインの摂取量と痴呆症の発症率 (Lemeshowらの報告より抜粋)
 飲まない・・・・・・・・ 4.9%(48/971人)
 250cc未満・・・・・・ 5.1%(47/922)
 250cc以上・・・・・・ 1.1%(4 /380 )

なんと、ワインを飲んでいた人のほうが、痴呆症の発症率が1/4になっていたのです!!

そして、この報告を皮切りに、レスベラトロールの痴呆症への効果の研究が数多くされるようになったのです。そして、どんなメカニズムでレスベラトロールが痴呆症を防ぐかもわかり始めているのです。

引用文献:Lemeshow S, Letenneur L, Dartigues JF, Lafont S, Orgogozo JM, Commenges D. Illustration of analysis taking into account complex survey considerations: the association between wine consumption and dementia in the PAQUID study. Personnes Ages Quid. Am J Epidemiol. 1998 Aug 1;148(3):298-306.



resveratrol at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

赤ワインポリフェノール レスベラトロールがアルツハイマーに良い訳

先日の朝日新聞で、日本人女性は、遺伝子学的にアルツハイマーになり易いということがわかった、と書かれていました。常に年老いていくことを避けられない我々としては、非常に気になる記事ですね。

実際、このアルツハイマー病などの痴呆症などの原因は、今も不透明なところが多いですが・・・

近年、アルツハイマーなどの痴呆症の一因は、脳におけるβアミロイド(βアミロイドペプチド)の産生とその異常沈着であると推測されています。

これは、いわゆるアミロイド・カスケードと言われるもので、アミロイド前駆体蛋白(amyloid precursor protein,APP)からのβアミロイド産生→異常凝集(アミロイド線維形成)→神経毒性発現→神経原繊維変化→神経細胞の死→脳萎縮という経過をたどります。

レスベラトロールと痴呆症


一方、赤ワインの摂取が痴呆症のリスクを低減することが統計調査から示され、その後の実験でこのリスク低減を促す物質の1つがレスベラトロールであることが明らかになり始めています。これらの研究により、現在、レスベラトロールの痴呆症に対する効果の研究が数多く行われています。

例えば、Marambaudらは、2005年、いくつかの細胞培養系でを用いて実験を行った結果、レスベラトロールがアルツハイマー病患者の脳内に見られるβアミロイドペプチドの生成を止めはしないが、分解を促進し、しかも他の抗酸化剤の中では作用が群を抜いていたと報告されています。

すなわち、レスベラトロールのアルツハイマー予防効果を示唆しました。

Marambaud P, Zhao H, Davies P. Resveratrol promotes clearance of Alzheimer's disease amyloid-beta peptides. J Biol Chem. (2005) 280(45):37377-82.

そのうち、アルツハイマー病や痴呆症の予防薬や特効薬がこのレスベラトロールから作られるかもしれませんね・・・。それまでは、赤ワインや赤ワインサプリで、レスベラトロールを摂るしかないようです・・・。



resveratrol at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile
Recent TrackBacks
レスベラトロール商品などサプリメントのOEM (売れる健康食品・化粧品の製造OEMはアンチエイジング・プロ)
レスベラトロールのヒト摂取目安量
レスベラトロール商品などサプリメントのOEM (売れる健康食品・化粧品の製造OEMはアンチエイジング・プロ)
レスベラトロール類とは?
Recent Comments